むかいだ小児科 » 電子カルテ

患者さんにとってのメリット

電子カルテに変わっていいことあるの?

待ち時間が短縮されます。

従来は、紙カルテ一冊を受付から診察室・会計へと運び、紙カルテに記載された処方・注射・処置等を読み、パソコン入力した上で、会計計算・処方箋発行を行っていました。

そのためめ、診察終了後の患者さんの待ち時間がかかっておりました。

電子カルテ導入後は、診察時に入力したデータをすぐに読み込み、会計計算等に反映・処理できるため、診察後の患者さんの待ち時間が大幅に短縮されました。

紙カルテでなくなったことで、カルテの存在が明確であり、ひさしぶりの来院時にもカルテを保管庫に取りに行くという時間もかからなくなりました。

患者さんが見ても分かりやすいカルテへ

従来の紙カルテは診察所見をドイツ語で記載していたり、手書きであるために「誰が見てもわかりすいカルテ」という状況ではありませんでした。

医師が診療目的・診療内容を「患者さんが理解できる言葉」で十分かつ分かりやすく説明し、理解・承諾を得た上で治療にあたることをインフォームドコンセントといいます。

電子カルテでは、患者さんに「より診療内容をわかりやすく・明確にする」ことが可能となりました。

また、必要な部分を必要に応じて速やかに情報提供することが可能となりました。

医療機関にとってのメリット

私たち医療機関の側にとっても、患者さんへのサービス向上につながります。

事務作業の効率化

従来の紙カルテであれば、医師の記載したカルテの内容を読んで、診療報酬を算定するコンピューターに入力し、初めて会計計算及び処方箋の発行が行えていました。

現在の電子カルテ移行後は、データのやり取りを常時行っています。そのため会計計算等がスムーズに行えるようになりました。また、医師が記載したデータをそのまま読み込みますので、途中の人為的ミスが少なくなり、信頼性の向上につながっています。

情報の共有化

電子カルテであれば、院内の各部門でカルテを共有し閲覧することができます。

そのため、紙カルテを持ち人が移動するときよりも各部門での情報伝達も早く正確に行うことができます。

データの活用

電子カルテでは、患者さんの情報をデータで管理しているため、必要な情報をすばやく検索することが可能です。

また、データを活用し、患者さんの病名や検査などのさまざまな統計を得ることができます。

カルテ管理の省略化

従来は、患者さんが予約や来院をされると、カルテの保管場所に行き、カルテを探しだし、それを診察室に運び、診察終了後回収し、事務処理をし、再度保管するという作業が行われていました。

電子カルテでは、この作業が必要なくなりました。カルテを保管するスペースも必要なくなり、保管スペース・設備の軽減が図れました。

厚生労働省は、「平成18年度までに全国の400床以上の病院の6割以上。全診療所の6割以上に電子カルテを普及させる。」と、具体的目標を掲げています。
むかいだ小児科では、上記の事を踏まえ平成16年10月より電子カルテを導入いたしました。