むかいだ小児科 » お知らせ

   病児保育のご利用について(松山市)

お知らせ

平成28年11月1日より、松山市に住民票があるお子さまも、当院の病児保育室「キッズハウス」をご利用いただけるようになりました。

小学校6年生までご利用いただけます。

詳細は、医院受付までお問い合わせください。

院 長

   病児保育のご利用について(伊予市)

お知らせ

平成28年4月1日~、伊予市に住民票のあるお子さまは当院の病児保育室「キッズハウス」をご利用いただけなくなります。

これは伊予市の方針で、伊予市のお子さんは伊予市に4月から開所する病児保育室「いよっこすまいる」のみ利用可能とする、という通知があったためです。

松前町・砥部町に住民票があるお子さまのご利用は今まで通りです。

ご理解のほど、よろしくお願い申し上げます。

平成28年2月1日
院  長
伊予市のお子さまは、下記までお問い合わせください。
伊予市役所 子育て支援課
☎ 982-1111(子育て支援課 内線 552)

   保険証と母子健康手帳

お知らせ

母子健康手帳毎月、月初の受診時に保険証(乳幼児受給者証含む)の提出をお願いいたしております。ご協力ありがとうございます。

2013年3月より、保険証と併せて母子健康手帳のご呈示もお願いしています。

予防接種歴などを確認させていただき、よりスムーズな予防接種のご案内をさせていただきたいと思います。

月初以外でも、いつも保険証と併せて母子健康手帳をお持ちいただくことをお勧めいたします。

   病児保育の利用対象年齢拡大について

お知らせ

むかいだ小児科では、松前町から委託を受け、隣接するキッズハウスで病児保育を実施しています。

このたび厚生労働省の利用対象年齢枠の拡大にともない、松前町も実施要項の変更を行いました。

10月1日から、小学校卒業(3月31日迄)までのお子さんが利用が可能になります。
※9月30日までは、小学校3年生までです。

松前町・伊予市(H28.4.1~伊予市の方針により利用不可)・砥部町に住民票があるお子さんが対象となります。

松前町の10月1日付の広報にも掲載されます。

   生後3ヶ月までのお子さんをお持ちの保護者の皆さまへ

お知らせ

生後3ヶ月までのお子さんをお持ちの保護者の皆さまへ。

ビタミンK2シロップの予防投与についてのご案内(PDF:172KB)

Q.赤ちゃんにどうしてビタミンK2シロップを飲ませるのでしょうか?

A.新生児期から乳児期早期にビタミンK欠乏のための重篤な出血症を予防するためです。

Q.赤ちゃんは自分でビタミンK2を作ることができないの?母胎から受け継がれないの?

A.新生児期から乳児期早期には、腸内細菌が未発達なため、腸内でビタミンK2 が作られません。胎盤を通じてのビタミンKの移行は悪く、出生時に蓄えられないこと、母乳中に含まれるビタミンKの割合が少ないのです。

現在まだ、全国的にはこの投与法が十分に普及していません。愛媛県も同様です。近隣では、山口県が平成24年より、高知県が平成27年より全県で先の投与方法を実施しています。

当院では、他の先進県の試みに準じて、出生時と生後12週までの毎週1回のビタミンK2シロップを投与(合計13回)をお勧めすることにしました。

なお、この予防投与は保険診療の適応とならず自由診療となり、ビタミンK2シロップ(商品名:ケイツーシロップ)は自費で購入いただき、当院で直接お渡しいたします。この予防投与をご希望の方は、スタッフまでお申し出下さい。

※費用のご案内
診察料 ¥2,000-(税込)
診察並びに投与の必要性の説明・指導を含む

薬剤料 ¥100(税込)× 必要本数分

と、なります。必要本数は、投与を開始する日齢で変わってきます。

平成27年10月16日
むかいだ小児科 院長

« 古い記事